二重まぶたのための知識

女性

二重に関するあれこれ

二重を作る方法は色々とありますが、二重整形は整形手術を利用して二重を作る方法として注目されています。まぶたの状態、さらに患者が希望するまぶたのラインによっても選ぶべき方法が変わるので、どの人でも同じ方法で対処するわけではありません。また二重整形自体は美容整形外科などで受けることができるようになっていますが、病院によっても費用は違っています。二重整形自体は2つに分かれており、埋没法の方がダウンタイムが短く、手軽に行える印象を持っている人が多くいます。切開法は埋没法よりもダウンタイムは長いのですが、まぶたを切開をしてラインをつくるので、よりはっきりとしたラインを作れます。ダウンタイム自体は二重整形に限らず美容整形を受けた時の多くで発生しますが、この手術に関してはしっかりと患部を冷やすことでなるべく早く腫れを引かせることができます。また術後は血行を良くしすぎないように注意すると、より腫れにくくなるというメリットがあります。さらに二重整形というと一重の人が二重にしたい時だけに利用できる手術方法だと考えられがちですが、実はもともと二重の人がそのラインを修正したりする時にも利用することは十分可能です。またまぶたの脂肪を取り除いたり、逆まつげなども同時に改善したりすることも可能となっています。

日本人には一重の人の方が多く、その割合はだいたい7割と言われており、残りの3割が二重まぶたの人と言われています。二重まぶたになるかどうかは眼瞼挙筋が皮膚に付いているかどうかで変わり、皮膚に付いているとまつげの間の皮膚が引き込まれるために二重になります。ただ、眼瞼挙筋が皮膚に付いていてもまぶたに脂肪がたくさん付いているとまぶたの皮膚が折れ曲がることはなく、結果的に一重になります。二重整形ではこのようになっているまぶたの状態を改善し、外科的な手法によって二重のラインを作り出す手術のことを言います。二重整形は埋没法と切開法に分かれており、埋没法は糸を使い、切開法は切開と縫合を行うことで二重のラインを作ります。実際に美容整形ではその人のまぶたの状態に合わせてラインを提案したり、患者の希望に合わせてラインを作ります。ただ、その人のまぶたの状態によっては患者の希望するラインではどうしても不自然になってしまうこともあるので、医師と患者の間で話し合って最終的なラインを決めるようになっています。また、現在ではそれぞれの美容整形外科でも色々なサービスが展開されており、クーポンの利用ができるほか、保証期間付きとなっているところもあります。