綺麗な二重にするために

カウンセリング

知って得する二重に関する情報

二重整形は大きく分けると2種類に分類できるようになっており、それぞれ埋没法、切開法と呼ばれています。埋没法はプチ整形として扱われており、糸でまぶたの裏側を留めてまぶたにラインをつくる手術方法となっています。何箇所留めるかということでもまぶたのラインのでき方が変わりますが、糸を外せば元に戻しやすいことなどから手軽にできる二重整形として注目を集めています。糸で留めるだけなのであまり目が腫れてしまうこともなく、切開法に比べるとダウンタイムが短いのも大きな特徴です。切開法はその名の通り切開して二重を作り出す手術方法で、切開してから縫合することから確実に二重のラインをつくることができます。切開しているのでどうしても埋没法に比べるとダウンタイムは長くなりますが、はっきりとした二重のラインができるし、まぶたのタルミなども除去できるので人気を集めています。このように二重整形には2種類の方法が存在しており、それぞれの方法で特徴が大きく違っています。さらに手術費用も違っており、埋没法の場合はだいたい5万円から10万円、切開法の場合はだいたい20万円から30万円程度がその相場です。ただこの費用は手術費用だけでなく、翌日の消毒や検診、切開法の抜糸の費用まで含まれています。

二重整形を行うと一重の人でも綺麗な二重まぶたを手に入れることができるので人気を集めています。またアイテープやのりで二重を作る必要もなくなるので、メイクの負担なども軽減できる点なども人気の理由です。また、術後は色々と気をつけるべきことがありますが、その気をつけるポイントを守ることで術後を快適に過ごし、回復を早める効果なども期待できるので守る法が無難です。気をつけるべきことの一つは手術を受けた日は、出来るだけ早く腫れを引かせるためにもアルコールを飲まないようにすることです。また入浴自体は禁止されていませんが、体温が上がると腫れが悪化する可能性もあるので長湯は避けます。さらに刺激物を食べすぎると顔が赤くなったりする場合がありますが、それも腫れにつながる可能性があるので避けます。つまり、手術当日は出来るだけ血行を良くしないように注意し、余計な刺激を与えないようにすることがコツだといえます。さらに可能であれば保冷剤などを利用してまぶたを冷やすと、より腫れがひきやすくなることも多々あります。また一重に対して悩んでいる人は色々な世代でいますが、手術内容が理解できるくらいの年齢からであればこの手術を受けることは可能です。したがって、小さなお子さんの場合はもう少し成長するまでは二重整形の手術を行うのを待つ方が無難だといえます。